登場人物

この項目はネタばれが記載されている可能性があります。ヴァルデミニカ本編をお読みになってから読むことをお勧めいたします。

このページではノベル版の登場人物に関して記載されています。
ゲーム版については、ゲーム版登場人物をご覧ください。

主な登場人物

ヒゲのヒト
 本作の主人公。詳細は「ヒゲのヒト」を参照
久枝
 本作のもう一人の主人公。詳細は「久枝」を参照

エピソード0の登場人物

久枝ヒックイーノ
 かつて存在したミニカ村の若き村長。
 巨大軍隊ヴァル村から村を守るため戦う。
 後にヴァルデミニカ帝国を築き、初代皇帝となる。
 伝説の初代ヒゲ戦士で英雄。
 初めて酸化に成功した人物とされている。
 その際、魔剣「ヒゲ男の剣」を使用したとされている。
 ヒゲのヒト、久枝の祖先にあたる。
Colossus
 ヴァル村村長。妖術使い。
 小さな村だったヴァル村を巨大軍隊にした人物。
 怪しい妖術で数々の戦いで勝利を収めており、仲間内からも恐れられている。
 詳しくは「Colossus」を参照。
錬金術師
 東南アジアに住むといわれる伝説の錬金術師。
 魂を宿す剣を作ることができる。
 人体練成に失敗し還元した。
 ヒゲ男の剣の作者。

第一章の登場人物

UNIX
 ヒゲのヒトのパートナー。
 奥義は「UNIXの暴走」。
DivX
 久枝のパートナー。
 第四章では、敵方であったヒゲのヒトとも組んでいる。
 奥義は「デス・フルポリゴン」。第一章でこの技を使用後、死亡したかに見えたが、第四章で復活している。
 尚、アップデートするとハイビジョンに対応するらしい。
 じぇんとるまんは実の弟。
Vista
 アメリカにいるヒゲ戦士。変わり者。
 DivXの友人。
 SPを導入しないと動かない。
 戦闘能力はかなり優れている。
 XPとの不仲説が流れている。
 LeopardとはOfficeで業務提携している。
 株価の暴落を心配している。
Leopard
 Vistaの友人。
 現在の居場所は不明。
 SPを導入しないと動かない。
 VistaとはOfficeで業務提携しているので、戦闘はしない。
 株価の暴落を心配している。
XP
 Vistaの旧友。
 現在の居場所は不明。
 第一章に登場したが、Vistaに消された。
 ヒゲのヒトの友。
 魔剣を使うことで、人間的に成長できると信じていた。
 三年前に自身で使用を試みたが、失敗。
 死んだと思われているが、ヒゲのヒトから融合で救出されている。
 のちにカルフォルニアで発見され、ヒゲのヒトとともに久枝を倒すため組んだ。
 現在はDivXエンコードの研究をしているらしい。
 メタミドホス入り餃子の被害者の一人。
ウルトラヒゲのヒト
 ヒゲのヒトの酸化した状態。
 必殺技「シック4枚刃」がある。
通行人
 「通行人」を参照。

第二章の登場人物

 ヒゲのヒトと久枝の母。
 二人が兄弟であることを長い間隠していた。
 よくわからない冗談をよく言う。
ジェントルマン
 イギリスのヒゲ戦士。
 イギリスの国家組織にいて、ミサイルの出所を探っていた。
 良く似た偽物、じぇんとるまんがいる。
 先祖はビッグ・スルー。
佐藤史明
 詳細は「佐藤史明」を参照
ソニー・松下・サムスン三世
 ジェントルマンが所属する国家組織の指導者。
 ジェントルマン達に助言を与える。
大学生
 イギリス・ロンドン在住の大学生。
 ロンドン観光案内のバイトをしている。
 顔がミサイルに似ていることがコンプレックスで、それをいじられると怒る。
武器屋の親父
 イギリスの武器屋の親父。愛想がいい。
 なぜか武器以外のものも扱っている。
 どことなく雰囲気が某国民的RPGの武器屋に似ている。
ラピュタの研究者
 天空の城の研究をアメリカのオハイオ州で長年している。
 研究したきっかけはオハイオ州上空に浮かぶ佐藤史明の組織の基地のようだ。
 コンコルドの運転士が友人にいる。

第三章の登場人物

ビッグ・スルー
 「ビッグ・スルー」を参照。
斎藤史明
 自称「変なおっさん」。
 伝説の秘技「魔法陣グルグル」の数少ない使い手。封印されたグルグルを復活させた。
 ふしぎなおどりを踊ることもある。
 口癖は「だっふんだ」。
 ヒゲのヒトらを抹殺出来なかったことから、謎のシルエットの男に蒸発させられた。
スライム
 17世紀のイギリスでヒゲのヒトと久枝が戦う。
 一体では攻撃力は高くないが、複数集まってキングスライムっぽいものになると強くなる。
 スぺシウム光線には弱く、かいしんのいちげきをくらってしまう。
キングスライムっぽいもの
 17世紀のイギリスにいる。すぐ仲間になりたがる。
 スライムが200匹くらい集まって一つなった姿。
 久枝と融合してヒサエダスライムになった。
ムラカミ
 ビッグ・スルーの兄。数年前に死んだ。
 攻撃形態が佐藤史明と酷似していることから、何らかの関係があるらしい。
 ちなみに、ビッグ・スルーの口癖である「信じるのは、まだ早い」は、元はムラカミの口癖だった。
ビンラディンっぽいテロリスト
 17世紀のイギリス・ロンドンでヒゲのヒトと久枝が出会う。
 二人が泊まっているホテルに入ってきたが、英語がわからない二人に適当にヴァルディルカノンを打たれて死んだ。

第四章の登場人物

斎藤酸
 斎藤史明が酸化した状態。無数のビームを貫くことでなることができる。
じぇんとるまん
 「じぇんとるまん」を参照。
総統
 斎藤史明やじぇんとる酸、通行人らが所属する機関のボス。
 ヴァルデミニカで指揮を執っている。
 世界征服を目的としており、聖地ヴァルデミニカへの道を閉ざすため
 全てのヒゲ戦士殲滅をしている。
 斎藤にはかなり期待していたらしい。
謎の科学者
 未来で佐藤史明を助けた。
 過去に何かがあったようだが、教えてくれない。
 家にはヴァルディルカノンが飾られていたことから、なんらかの関与をしているのだろうか。

第五章の登場人物

老人
 未来世界の年老いたVista。
 佐藤をヴァルデミニカに導いた。
 テポドンのような顔をしている。
SEVEN
 未来世界において最強のヒゲ戦士。
ゲイツ
 未来世界でヴァルデミニカを統括する組織「MS」を組織している人物。
 実質の皇帝にあたる人物。
Snow Leopard
 Leopardの酸化状態。MS内に潜んでいるスパイを特定するための監視をゲイツから極秘に任されている。
ME
セキュリティー

その他の登場人物


  • 最終更新:2010-07-07 23:26:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード